講師紹介 Lecturer

倉嶋 ひろみ

教師 倉嶋 ひろみ
6歳よりシグナスバレエスタジオにてバレエを始める。以後、仙台シティバレエ研究所に入所。金井利久(東京シティバレエ団理事)、今村昌子(今村昌子バレエスタジオ主宰)、ダナ・レンツェル等各氏に師事。

1987年
田中秀子バレエ研究所に移籍。
1988年
旧ユーゴスラビア、アナロイエ・バレエスクールに短期研修、ヨッソ・ボルチッチ氏に師事。
1988年
東京シティバレエ団入団。1996年退団まで「白鳥の湖」「コッペリア」「くるみ割り人形」「ジゼル」「シンデレラ」等古典バレエ他、創作バレエ等年間30回を超える公演に出演。
当バレエ団在籍中、ヒラキバレエスクール、ユバ・アートスクールにて教師を務め、演出・振付を勉強する。
1996年
富山シティバレエ団初代専任講師となる。
1999年
富山シティバレエ団を退職し、高岡バレエスタジオを開設。
2005年
富山バレエスタジオを開設。
國多 千尋

教師 國多 千尋
8歳より富山新聞文化センター富山シティバレエ団(高岡)にてバレエを始める。

1999年
高岡バレエスタジオ開設と同時に移籍し、2008年より2年間東京にてレッスンを重ねる。

2010年4月より、当スタジオ教師となる。

川淵 瞳

教師 川淵 瞳
5歳よりバレエを始める。8歳より倉嶋ひろみに師事。
2012年9月~2014年8月ドイツのハンブルクバレエ学校に留学。マリアンヌ・クルーゼ、ケビン・ヘイゲン、ジジ・ハイエットに師事。
2014年8月同校卒業後、東京バレエ団入団。
東京バレエ団初演・ブルメイステル版「白鳥の湖」三羽の白鳥、パ・ド・カトル、花嫁候補、「くるみ割り人形」花のワルツのソリスト、「ラ・シルフィード」3人のシルフィード、東京バレエ団初演・フォーサイス振付「イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド」、ジョン・ノイマイヤー振付「スプリング&フォール」、「ジゼル」、「ラ・バヤデール」、「ドン・キホーテ」、マラーホフ版「眠れる森の美女」、モーリス・ベジャール振付「春の祭典」、「ザ・カブキ」など国内外の公演に参加。
2017年3月末東京バレエ団退団。現在フリー。2018年1月より当スタジオ教師となる。

本江 茶貴

助教師 本江 茶貴
6歳よりバレエを始める。
9歳から当スタジオに移籍。小学6年生の時より各コンクールに挑戦し、様々なヴァリエーションを学ぶ。
当スタジオでの発表会に於いては常に重要な役を任されてきた。
2015年4月より、当スタジオ助教師となる。

レッスン風景
レッスン風景